司法書士法人奏 > 相続に関するキーワード > 相続登記 しないと どうなる

相続登記 しないと どうなる

  • 成年後見人の仕事

    一連の手続きを初回報告といい、初回報告が完了しないと差し迫った状況でないか限り、成年後見人の権限を行使することができません。なお提出期限については、審判書謄本と同封される書類に記載されています。期限内に、財産目録と年間収支予定表を提出できない場合には、必ず事前に家庭裁判所へ報告を行ってください。家庭裁判所への定期...

  • 不動産の相続登記

    不動産の相続登記の種類相続に関する登記には、①法定相続分による共同相続登記、②遺言による相続登記、③遺産分割による相続登記、の3つがあります。法定相続分による共同相続登記相相続が発生し相続人が複数いる場合、遺産分割協議が行われるまでの間は、遺産である不動産は法定相続人全員の共有状態となります。その場合、共同相続人...

  • 民事信託とは

    成年後見制度は判断能力が低下しないと後見等を開始することができません。一方で、民事信託ならば委託者の判断能力が低下する前から受託者に資産管理等を任せることができます。信託開始の時期は、委託者と受託者が話し合って決めることができるので、信託の目的に沿った時期に開始することが可能です。信託内容を当事者で自由に設定する...

  • 信託とは

    自由度が高いことはメリットである一方、当事者同士でしっかり取り決めをしないと後々トラブルに発展する可能性があります。司法書士法人奏では、埼玉県上尾市を中心に、県内全域で法律相談を承っております。相続手続き全般や成年後見・贈与・信託、不動産登記や商業登記などの登記手続きについてお困りの方は、お気軽にご相談ください。...

  • 相続登記の義務化|登記をしないとどうなる?開始時期や罰則について

    ■相続と相続登記相続とは、ある方がお亡くなりになった際に、その方が生前有していた権利・義務が相続人の方に承継されることをいいます。相続の対象となる財産は「相続財産」と呼ばれ、現金や預貯金、土地、借金、知的財産権などがこれに当たります。 これに対して相続登記とは、土地や建物の所有者がお亡くなりになった場合に、土地や...

よく検索されるキーワード

司法書士紹介

吉澤裕太司法書士の写真
代表司法書士 吉澤裕太

当事務所は相続問題に確かな知識と豊富な経験があります。

当ホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。

埼玉県上尾市で相続業務を得意としている司法書士です。
当事務所への相続関連のご依頼・ご相談は、1500件を超えています。そのほとんどが、銀行、信金などの金融機関、不動産業者、保険業、税理士弁護士等の他士業からの紹介によって受任しています。

県内はもちろん関東近県の方の相続は当事務所にお任せください。出張相談も承っていますので、お気軽にご連絡ください。

所属司法書士会
埼玉司法書士会(登録第1594号)
所属団体

公益社団法人リーガルサポート埼玉支部、さいたま市商工会議所

上尾商工会議所、公益社団法人埼玉中央青年会議所、さいたま市商工会議所青年部

経  歴

平成28年 司法書士登録、おおわだ司法書士事務所開設

令和3年  おおわだ司法書士事務所を法人化し、司法書士法人奏を開設

事務所概要

事務所名 司法書士法人奏
所在地 〒362-0074 埼玉県上尾市春日2-2-2 恵恒産ビル2A
電話番号 048-856-9907
FAX番号 048-856-9908
受付時間 9:00~19:00(時間外でも事前ご予約で対応可能です)
定休日 土・日・祝日(事前ご予約で対応可能です)
事務所の特徴 「紹介案件が多数」 「安心して任せられる」 「信用実績がある」
風景